盛岡でひな祭りの最後を飾った~仙北町の小さなひな祭り

鉈屋町の旧暦のひな祭りは14,15日40軒の町家を開放して賑やかに行われた。残念ながらカメラを忘れみなさんが頑張って展示したお雛様を写せなかった。

盛岡でもいろんなところでお雛祭りが行われてきたが、今年の最後を飾ったのが「仙北町の小さなひな祭り」だった。金沢家で見せていただいた。毎年お雛様が変わるので楽しみだ。

江戸時代末期の古今びな4体を中心に2部屋にいろんなお雛様が飾っていた。
e0122199_16030383.jpg
茶坊主はどんなおはなししてるのかな~
e0122199_16033356.jpg
館びなは組み立てに2日かかったという。
e0122199_16023329.jpg
竜宮城のお雛様は乙姫様がお留守だという。
e0122199_16040407.jpg
江戸時代からいろんな物語を繋いできたんだろう~とお雛様に聞いてみたい気分だった。

今年の旧暦の3月3日は、4月18日だ。盛岡では寒い時期を避け旧暦でひな祭りをやっていた。我が家は、せっこぎして町内の老人クラブで作った和紙を使ってのお雛様に2か月近くも頑張ってもらった。
e0122199_16011283.jpg
17日まで開かれている海野一枝人形教室のひな祭りに出かけた。生徒さんが制作した様々な人形がいっぱいだった!
e0122199_16015774.jpg
[
by yoko1939 | 2018-04-21 14:44 | 盛岡を楽しむ | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939