歴史てくてく㉜ 145年目を迎えた仁王小学校の明治期

ピカピカの新1年生は、東日本大震災をお母さんのお腹の中で体験し混沌といている時に誕生した。今年145年目の県下最古の仁王小学校には50人が入学した。


盛岡藩校「作人館」の校舎を使ってスタート

e0122199_21401883.jpg

現在中央通り1丁目北日本銀行本店隣の日影門緑地周辺一帯に、江戸末期から明治初期まで盛岡藩校「作人館」があり、敷地面積は1920坪、建物は総檜造りだったという。

その校舎を使って1873年(明治6410日日影門外小路第1番小学校として創立された。それから1947年(昭和22)4月1日仁王小学校と落ち着くまで、制度の改廃によって13回も校名が移り変わっている。

三田地敏夫氏著「仁王学校物語」によれば、1879年(明治12)に、市中の道路改正があり仁王小学校の真ん中を通り、廊下や教室が断ち切られその部分にはムシロをつるして風雨をしのんだという。さっそくあだ名がついて「ムシロ学校」呼ばれていた。これではひどいと仁王・上田両村の有志が相談し改築工事を行い、1881年(明治14)年11月に望楼付きの2階建ての洋風建築の学校が完成した。


移転新築より立派な教師を雇う算段を!と鈴木舎定が主張

当時、移転新築の話もあり「もりおか物語」内丸・大通りかいわいーに面白い話として載っている。岩手の自由民権運動の先頭に立って活躍していた鈴木舎定が明治12年2月発行の「盛岡新誌」に、仁王学校新築について意見を掲載している。移転新築しても立派な教師を雇わなければ立派な学校にならない。「学校を移して新築することは止め、今の学校を普請して、立派な教師を雇う算段をナサイマセ」と言っている。

この頃は「公立仁王小学校」との校名で生徒数は男247人、女19人だったというから、「女に学問はいらない」と言われていた時代だったのだ。


1913年現在地の新校舎に移転

1910年(明治43)の大水害で中津川が大氾濫し、現在杜陵小学校の場所にあった城南小学校も流失し、生徒が仁王小学校に移り膨れ上がってしまった。市会で両校の移転新築を可決。四ツ家町裏(現在地)に1913年(大正2年)8月、田んぼの中の6600坪の敷地に総2階でコの字型のすばらしい近代建築の学校が完成した。9月には4日間休校し、生徒たちも何回も往復し引っ越しをしたという。

(浦川陽子)


by yoko1939 | 2018-05-20 21:25 | 歴史てくてく | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧