歴史てくてく㉝数奇な運命「盛岡聖堂の孔子像」

以前から気になっていた「孔子像」が作人館にあったものだと知り孔子廟を見に出かけた。
 東中野を車で走り回って、四人に尋ねてやっと探し当てた。どの方も「孔子廟はどこですか?」と聞くと「ああ・・孔子さん」と親しげに答える。
 狭い急な道を登り切ったら、おしゃれな建物が現れた。 
e0122199_11170400.jpg
正式名称「盛岡聖堂の孔子像」として。盛岡市の文化財に指定されている。
 説明版によれば、盛岡藩で設置していた藩校を、慶応元年(一八五六)に「作人館」として現在中央通り一丁目の開校した。作人館では和漢一致(儒学と国学が教えとして一致する)の教育方針のもと、その象徴として大国主命と孔子を祀っていた。孔子像は第一五代藩主南部利剛が京都で制作させたものだという。
 明治五年(一八七二)の学制公布により廃校されることになり、孔子像は作人館の助教の太田代恒徳の私塾で保管されることになった。
 太田代が盛岡を離れることになり、私塾に最後まで残った弟子の瀬山陽吉に託した。
 説明文はここまでだが、陽吉はその後、恩師の遺志を継いで自宅内に保管してきた。大正四年(一九一五)有志と共に聖堂を建てようとしたが、成功しなかった。再度昭和八年(一九三三)聖堂建設会を立ち上げ自ら会長となり、寄付金を集め、昭和十一年(一九三六)完成。設計は盛岡出身の葛西万司、建設にあたっては村の人々や青年団員が勤労奉仕したという。 現在は陽吉の子孫が盛岡聖堂を守っており、十月二十五日に公開され、孔子像が見られるという。 孔子を祀る廟堂は全国十二あるが、中国風の珍しい建築は、他に例を見ないという。 (浦川陽子)

by yoko1939 | 2018-07-07 11:18 | 歴史てくてく | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る