<   2008年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

平和を求めて・・・反戦川柳作家「鶴彬」没後70年


e0122199_1184267.jpg
「手と足をもいだ丸太にしてかへし」など多くの反戦川柳を詠んだ鶴彬(つる あき
ら)の没後70年今日が命日。光照寺の墓前でファンが集い花を手向け、鶴彬の功績を偲んだ。

 石川県高松町で生まれた本名喜多一二(きた かつじ)は、19歳で反戦運動に
参加し、軍隊に入隊後も活動する中で治安維持法違反で懲役2年の刑。

 出獄後も反戦川柳を発表し続け、再び野方署に拘留され、赤痢に感染し29歳でなくなった


 盛岡にいたお兄さんが引き取って特高警察に囲まれながら光照寺に葬ったという。

 いま、神山征二郎監督でドキュメンタリー映画「鶴彬」が製作中だ。期待したい。

 「鶴彬全集」を復刻した澤地久枝さんはインタビューにこう語っている。「一番最後の句が『胎内の動き知るころほねがつき』というものすごいことです。身ごもった赤ちゃんの胎動がわかって生まれてくる日を予告しているというのに、父親は戦死しその遺骨が届く。子は父を失い母は夫を失う。戦争を見事に突いた句です。日中戦争が激しくなった1938年9月14日に息を引き取った青年は、最後まで反戦の筋を通し死んでいきました。ずいぶん痛ましい、しかしみごとな人生だったと思います」と・・・・
by yoko1939 | 2008-09-14 11:03 | 木木レポート | Comments(0)

9月イベント「町家とお八幡さん」


盛岡まち並み塾の9月のイベント「町家とお八幡さん」
e0122199_16145337.jpg

 メイン会場の大慈清水お休み処では、ひっきりなしに訪れ、人が切れることがない。みなさん熱心に山車番付や古い写真を見ていく。
e0122199_16253454.jpg
 大正時代からの山車番付を見ていた方が「昔の方が字も絵も上手だ」とか、め組のほかに惣門にはも組があり、いつも喧嘩ばかりしていたので「もめ組」と言われていたとか・・・
 昭和30年にはじめてカラーの番付が出たが、「実に綺麗な印刷だ」とか・・・前後が一色刷りなのでどうしてこれだけカラーなのか?


e0122199_16313831.jpg
 若い人たちも熱心に見てくれるのがうれしい。番付を1枚1枚写真撮ったり、ビデオを写していく若者たちもいる。明日から山車の大太鼓をたたくという若い女性がみなさんに乞われて太鼓をたたいてくれた。




e0122199_16263292.jpg
 見にいらした方々から教わることが多く対話も面白い・・・山車半纏や番付に物語が付いたらもっと面白くなるんだろうに・・・






e0122199_16332683.jpg
 イベントの時だけ開放される、町家カフェの島村家では格子にさげた緑色のキカラスウリの実が綺麗だった。






e0122199_16342266.jpg

 毎日開放している町家喫茶「ピッピ」では、お月見の風情・・・

 かわてつでは、鰻弁当に加えて芋のこ汁定食が新たなメニューとして加わり、毎月変わるお菓子は月見団子だった。
 
 どこの町家でも季節感あふれるおもてなしでお迎えしている。

大慈清水お休み処の山車番付と昔の山車写真展は9月30日までやっています。(水曜定休日)
 10月のイベントは 10月11日(土)です。
by yoko1939 | 2008-09-13 16:11 | Comments(0)

すばらしい!!!浮田神楽


まち並み塾のイベントを明日に控え忙しい中、役員とボランティアさんで東和町の浮田神楽を観に出かけた。

 東和町熊野神社のお祭りに毎年神楽の奉納をしているという。

 最初に子どもたちが神社前で、厳かに神楽(しんがく)を行った。はじめて見た。
e0122199_2239311.jpg

 境内にたつ神楽殿は8畳ほどの広さしかない。神楽をこんな狭いところでやれるのか?などと思っていたら・・・見事だった。
e0122199_22411726.jpg

 たっぷり2時間。一人だけでなく、二人や三人で舞うものもあり、動きが激しい・・・八幡舞、山ノ神、天王舞、権現舞と4つの演目を見事に舞ってくれた。日中花巻まつりで舞ってきたというのに、保存会の会長さんは3演目に出演。
e0122199_22424040.jpg

 早池峰岳流ということで、夜神楽をやるのは早池峰神楽と浮田神楽だけと言うことだ。
e0122199_22441412.jpg

 にわかに客席を作ってくれ、特等席で観る事が出来た。舞台に幕を引き控えの舞手が着替えをするのだが、狭くて観客の横にござを敷いて着替えている姿がなんとも微笑ましい・・・

 終わってからシートを敷いて手料理での宴会がはじまった。盛岡からわざわざ観に来たというので仲間に加えてもい、紹介を受けて挨拶までさせていただいた。いつの日か鉈屋町の町家でも演じて欲しい・・・・

 素朴な温かみの感じるお祭り、浮田神楽だった。

 仲を取り持っていただいた癒しの家のKさんには、手づくりの美味しい夕ご飯をご馳走になり大変お世話になった。感謝、感謝・・・
by yoko1939 | 2008-09-12 22:24 | Comments(0)

盛岡まち並み塾 全国から注目?

盛岡まち並み塾も全国から注目されはじめた?
e0122199_115933.jpg
 大慈清水お休み処が経済通産省の「コミュニティビジネスノウハウ移転・支援事業」の候補にあがって、横浜からその関係者が4人が鉈屋町を訪れ調査。

 夜は懇親会をしながら、事業の内容とコミュニティビジネスが成功している「港南台タウンカフェ」の活動を学習し、率直な意見交換をした。この事業に乗れるかどうかは役員会で相談することになる。


e0122199_174162.jpg
 懇親会に飛び入りがあった。
 慶応大学のアカペラサークルの3人と陸前高田市在住の吉田さん。アカペラサークルの7人が毎年陸前高田を訪れ、施設など訪問して詠っているという。
 3人が座敷、常居、2階の廊下で歌ってくれた。同じ歌でも場所が変われば違って聞こえて面白い。本人たちは2階で常居を眺めながら詠うのが気持ちよかったという。いつの日かお招きできるかな・・・
by yoko1939 | 2008-09-11 00:54 | Comments(0)

高橋千鶴子衆院議員が街頭から訴え

高橋千鶴子衆院議員が盛岡入り朝から市内各所で街頭から日本共産党の躍進を訴えた。
e0122199_024679.jpg

 福田首相が突然辞任を表明。昨年の前安倍首相に引き続いての政権の投げ出しだ。国民にたいして責任をまったく感じていない。しかも、自民党総裁選を派手にやり総選挙を勝とうと計算しているようだ。国民をどこまで馬鹿にするのか!

 マスコミでの街頭の声も「無責任だ1」「誰がなっても同じだ」が圧倒的だ。政治不信が広がった。国民は、今度はだまされにぞ・・・
e0122199_0245544.jpg
 高橋千鶴子衆院議員は、瀬川貞清比例候補者とともに、南仙北1丁目で演説。
「政権投げ出しは、自公政治の行き詰まりだ。庶民増税を押し付けながら大企業には同額の減税をし。派遣労働で大もうけしている大企業を助け格差を広げ、、国民の大反対に背を向け後期高齢者医療制度を強行する、大企業中心、アメリカ言いなりのゆがんだ政治の中身を変える必要がある」「自民党から民主党では政治は変わらない。政治の中味を変える共産党を大きくし、東北の願いを届ける私の議席を守るため先頭にたってがんばります」と訴えていた。
by yoko1939 | 2008-09-11 00:20 | 木木レポート | Comments(0)

魅力的だよ・・鉈屋町の裏通り


鉈屋町は後ろの路地が面白い。用事で急ぐ足を思わず止めてしまった。
e0122199_21144638.jpg
 現在農機具屋さんの藤村工業所。元は造り酒屋さんだったという。水に恵まれたこの地域には7軒の造り酒屋があった。その1軒だが、その面影を残すレンガの煙突がまだ残っている。煙突が残っているのはこちらだけ。







e0122199_2116224.jpg
 細重酒店の裏口。「こうじや」の看板がかかっている。






e0122199_21164630.jpg
 望楼のように見える天窓の見えるお宅は鎌田薬局。





 そして鍵形の道路の角にある和田酒店。午後5時になると三々五々常連さんがもっきりを飲みに集まってくる。決まって定席にすわるという。ルールを決めて会員制にしている。

e0122199_21431939.jpg
 みやこ銀行の建物だったという。いまテーブルになっているこの厚い一枚板は、銀行時代のカウンターに使われていたものだ。丸い椅子も素敵だ。

 お隣は九十銀行だったという。岩手銀行もあった時代もあるが、この惣門地域は銀行街だったのだ。栄華を誇っていた時代だ。

その名残のテーブルはいま、もっきりを飲みに来る人たちの集う場所となっている。
 
by yoko1939 | 2008-09-09 21:10 | 鉈屋・大慈寺町界隈 | Comments(0)

お祭り好き集まれ・・・盛岡山車の半纏と番付を展示

まち並み塾の9月イベント「町家とお八幡さん」の準備。

 第2分団団長さんののご好意で、団長さん所蔵の盛岡山車の半纏と、め組所蔵の大正時代
からの山車番付20枚をお借りして展示した。
e0122199_1453979.jpg
 番付は、「先輩に感謝している」と団長さんもおっしゃるように第2分団のめ組のものだけでな
く年代と組などの特徴があり、丁印の番付など面白い。


e0122199_1454569.jpg
 半纏もめ組のものだけ集めてみたら、同じように見えても違いが出ているのが解る。消防団、
町内会、企業もだしている。





e0122199_14545838.jpg
  中央公民館に展示してある川原丁、鉈屋丁の丁印の引き回しをした時の半纏だ。





e0122199_1532123.jpg
貴重なものもお借りできた。頭が着るしか皮の半纏。実に立派。火事の時に着て采配を振る
ったのだろう・・・そんな姿を想像するとゾクゾクする。今は山車を出したときのパレードの時に
着るそうだ。




e0122199_14555257.jpg

 貴重なもののもう一つ・・・望楼のついた第2分団屯所の写真。残念ながら消失してしまったが、今の屯所も看板建築で趣のある建物だ。

 その他も昭和25年の魚市場で出した鯛の山車、やはり25年の新穀町で出した山車の写真
などなど面白い展示になっている。

 お祭り好きの人には欠かせない展示・・・さっそく見にこられた方は熱心にメモしながら見て
いった。

 展示場所:「大慈清水お休み処」 10:00~17:00 定休日水曜日
            電話622-8989

 半纏の展示:9月16日まで

 番付の展示:9月30日までとなっている。
by yoko1939 | 2008-09-08 14:42 | Comments(0)

大根が芽をだした!!


 2日朝、畑のおばちゃん先生から電話「大根植えねすカ。遅ぐなるど去年みたいになるよ。
手づだうガラ」・・・
 仕事帰りに畑に直行。畝はおばちゃん先生にお願いして、「早く大きくナーれ」と声かけしな
がら種まきをした。
e0122199_1329445.jpg
 
 おばちゃんからは「2,3日で芽が出るよ」と言われていたが、東京から戻ってみたら可愛い芽
が出ている。うれしいことに蒔いた種がほとんど芽を出している。
e0122199_132847.jpg

 声かけが良かったなー
by yoko1939 | 2008-09-06 13:24 | 食と農 | Comments(0)

念願の築地市場~月島へ


 OB会は朝流れ解散。長年の願いをかなえる絶好のチャンス・・・築地市場へ行ってみたい
と思っていた。朝ドラ「瞳」の影響でそれに月島が加わった。

 盛岡組を誘って築地市場へ。5時から13時までというので時間がない・・・場外市場へ。
e0122199_1404813.jpg
入ってすぐ目に付いたポスター。誰が移転を決めたのかなー?新市場で苦しんでいる盛岡
の市場を思い出した・・・





e0122199_1414093.jpg
 朝ドラのような雰囲気の乾物屋さんもあった。ほんのさわりだけ歩き、偶然にも近所のすし屋
さんと同じ名前の「すし清」というすし屋さんへ・・ごぼう巻き美味しかった!初めて食べた。

 どうやら場内も見学できるらしい・・・いつか又。




e0122199_1432198.jpg
 早い新幹線を取っていたみなさんと別れて月島へ・・・もんじゃ通りといわれているという商店
街。そこを歩きながら左右を見ると、朝ドラの世界だー植木が道路にはみ出している路地・・・

朝ドラの世界というより昭和30年代の世界がある。

e0122199_1441499.jpg
 商店街の中ごろに、都内で一番古いというレトロな可愛い交番所があった。







e0122199_147486.jpg
 食べれるかナーと思ったが、もんじゃ全部たいらげた。キャベツが主体でゆるい小麦粉でとろ
みが出て食べやすい。お店の親切なお兄ちゃんが全部作ってくれた。






e0122199_14121721.jpg
 テレビで出ていた佃煮やさんを思い出して訪ねた。3軒もあり迷ったが、古い建物で選んだ






e0122199_14131171.jpg
 駅に向かって歩き始めたら又昭和の世界・・・そして面白いお店を見つけた。八角はしを売
っている漆器やさん。箸は先々代が作ったもので紫檀、黒檀で作ったもので1万円もする箸も
ある。




e0122199_1414896.jpg
 「直しを無料でやります」という職人気質が気に入って安いのを1膳と93歳のおばあさんが
作ったという竹の耳かきを買ってしまった。箸はいっぱいあるのに・・・

 こんな町を歩いていると時間がゆっくり過ぎていく・・・満足。
 
by yoko1939 | 2008-09-05 14:01 | 温泉・旅 | Comments(0)

みちのく福祉会へ・・・


みちのく福祉会が東京多摩で開かれ参加した。
e0122199_11544490.jpg
 多摩センターという駅で下車。山を登るような坂道に向かっていく。いかにも山を崩して作った町のようだ。京王多摩センターを背中にするとこんな風景だ。





e0122199_11484089.jpg
 この会は、岩手県社会福祉協議会、同共同募金会、みちのくみどり学園で働き、関東方面に移転された方々が年1回のOB会をやっていた。定年になった盛岡組も参加するようになり、私もやっと今年から参加できるようになった。

 見坊和雄事務局長を中心に行政を上回る福祉の実現をめざして社会福祉協議会を立ち上げ、さらに全国初めての虚弱児施設みちのくみどり学園をつくるなど燃えていた時代の方々が中心のOB会だけに絆が強い。

 思い出話や近況を語りあい楽しく懐かしいひと時だった。

 見坊和雄さんは88歳でいまだに福祉新聞の社長で現役。マイカーで毎日通勤しているという。OB会を箱根でやっても熱海でやってもマイカーを運転してくるので今年から会場を都内にしたという。
e0122199_11493920.jpg

 毎日夫人の7月号に「88歳で現役マイカー通勤の福祉新聞社社長」と紹介されている。
by yoko1939 | 2008-09-04 11:44 | 木木レポート | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る