<   2018年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

八幡平は花盛り

先日晴れていると思ってきてみたら、中腹からすっぽりと霧の中。1メートル先も見えず怖くなって登るのは断念!藤七温泉でゆっくりお湯に浸かって帰ってしまった。

今年はコバイケイソウが綺麗だと聞いていたので再挑戦!!今日は見事に晴れ渡っていた。花々が咲き乱れていた。
      山のアザミは可憐だ。
e0122199_21052785.jpg
蒲沼のふちに咲くキヌガサソウは時期が過ぎ緑色に変わっていた。

e0122199_21053243.jpg
ドラゴンアイで有名になった鏡沼を経て頂上へ・・・
様々な花に感動しながら八幡沼を一周・・・
八幡沼をバックにトウゲブキー                      
e0122199_21054163.jpg



避難小屋の前には車ユリがー
e0122199_21062725.jpg
ニッコウキスゲもそこかしこにー       
 
e0122199_21061798.jpg

ワタスゲも少ないが咲いていた
e0122199_21062231.jpg
やっぱり主役だったコバイケイソウ・・・群落もすごかった
e0122199_21053705.jpg
               おまけがついたーアサギマダラに会えた!!

e0122199_21052190.jpg
もう一つおまけがこれ!鳥海山が雲の上に浮いていた
e0122199_21063074.jpg

ラッキー!な一日だった。



by yoko1939 | 2018-07-27 21:02 | 花・山だより | Comments(0)

歴史てくてく㉞数奇な運命!南部藩士「瀬山命助」


 前号の孔子像を守った瀬山陽吉氏の祖父、瀬山命助資章は、文化四年(1807)江戸南部藩下屋敷で生まれ、十九歳で東条一堂に入門。南部藩江戸屋敷詰めの御留守居役を務め、才腕を振るっていた。

 「天保の大飢饉」では、南部藩の窮地を救おうと、東北どこも凶作のなか東奔西走し、九州佐賀藩から「備前米」買い入れ、困難を乗り越え、船便で北上川をのぼり、コメの輸送に成功した。

 「出る釘は打たれる」で、上司や同僚に嫉妬され、三十三歳の時「身分不相応の借財をしたのは不届き」と家禄召し上げ逼塞(門を閉め昼の出入り禁止)を申し渡された。この時代、よく働く御留守居役ほど借財が増える仕組みで、この役を命じられると辞退する武士もいたという。

 大飢饉が続く中、南部藩では、百姓一揆が頻繁していた。それが幕府の知るところとなり、止む無く藩主の利済公は隠居し、長男の利義公に譲ったが、実権を握って離さなかった。そのため父子は不和となり、在職一年で利義公は父の命で隠居させられ、弟の利剛公が継ぐこととなった。

 有能な利義公を復位させようとする運動が起き、その中心となったのが、その師東条一堂と相談していた奥医師江帾春庵だった。この運動が発覚し、春庵は捕らえられ獄中で毒死した。

 この事件で、東条一堂の弟子だった瀬山命助・門治兄弟にも嫌疑がかかり、閉居が命じられた。嘉永五年(1852)3月12日、江帾春庵の弟、梧楼と交遊のあった吉田松陰が、山蔭村(現・茶畑)の春庵の遺族を訪ね、その足で

東中野見石の幽居を訪ねたが、命助は会わなかった。

 命助は、死を前に手記「思出艸」をまとめ門外不出とした。百年経過し、子孫が、長岡高人氏に託し南部藩士「瀬山命助物語」が出版された。歴史の片隅で不本意な一生を強いられたのだ…(浦川陽子)


by yoko1939 | 2018-07-20 15:14 | 歴史てくてく | Comments(0)

歴史てくてく㉝数奇な運命「盛岡聖堂の孔子像」

以前から気になっていた「孔子像」が作人館にあったものだと知り孔子廟を見に出かけた。
 東中野を車で走り回って、四人に尋ねてやっと探し当てた。どの方も「孔子廟はどこですか?」と聞くと「ああ・・孔子さん」と親しげに答える。
 狭い急な道を登り切ったら、おしゃれな建物が現れた。 
e0122199_11170400.jpg
正式名称「盛岡聖堂の孔子像」として。盛岡市の文化財に指定されている。
 説明版によれば、盛岡藩で設置していた藩校を、慶応元年(一八五六)に「作人館」として現在中央通り一丁目の開校した。作人館では和漢一致(儒学と国学が教えとして一致する)の教育方針のもと、その象徴として大国主命と孔子を祀っていた。孔子像は第一五代藩主南部利剛が京都で制作させたものだという。
 明治五年(一八七二)の学制公布により廃校されることになり、孔子像は作人館の助教の太田代恒徳の私塾で保管されることになった。
 太田代が盛岡を離れることになり、私塾に最後まで残った弟子の瀬山陽吉に託した。
 説明文はここまでだが、陽吉はその後、恩師の遺志を継いで自宅内に保管してきた。大正四年(一九一五)有志と共に聖堂を建てようとしたが、成功しなかった。再度昭和八年(一九三三)聖堂建設会を立ち上げ自ら会長となり、寄付金を集め、昭和十一年(一九三六)完成。設計は盛岡出身の葛西万司、建設にあたっては村の人々や青年団員が勤労奉仕したという。 現在は陽吉の子孫が盛岡聖堂を守っており、十月二十五日に公開され、孔子像が見られるという。 孔子を祀る廟堂は全国十二あるが、中国風の珍しい建築は、他に例を見ないという。 (浦川陽子)

by yoko1939 | 2018-07-07 11:18 | 歴史てくてく | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る