<   2018年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

歴史てくてく㉟盛岡藩校「作人館」・額は仁王小学校

仁王小学校の三つの宝が①「作人館」の額②「作人館」の銘がついた鉄瓶③作人館の井戸端にあった庭石だという。このお宝にお目にかかりたいと思って仁王小学校をお訪ねした。
 ひと教室にぎっしりと豊富な資料を展示、立派な資料館にびっくりした。勿論、お宝の、作人館の額や鉄瓶にも会えた!150年の歴史をずしんと感じた。
e0122199_20045753.jpg
 盛岡の藩校「作人館」は幕末、藩士教育のための藩立学校だった。
 藩立武術道場「御稽古所」の約130年の歴史を経て、日影門外小路門へ新築移転した後、このお稽古所で儒学講義が始まり天保11年(1840)「明義堂」と命名し藩校の一歩を踏み出した。
 すでに仙台藩はこの百年前に藩校を開校。東北各藩でも1700年代後半に、次々藩校を開設していた。盛岡藩が大幅に立ち遅れたのは、2回にわたって儒者弾圧事件によって儒学を信奉していた藩士が多数厳罰に処されたことが影響している。
 明義堂は、加えて医学教育を採用したため手狭になり、これまでの敷地の隣接地(現中央通り北日本銀行隣)に新築した。こうして、文学、武術、医学を教える藩校として「作人館」と改称。当時の教授江帾五郎(のちの那珂通高)が学制改革を行い、水戸学の和漢一致、文武不岐を基本方針とした教育が行われた。生徒数は約700人で、入学金も授業料も無料。藩費で賄ったという。
 原敬、新渡戸稲造、佐藤昭介(北海道帝大総長)など多くの人材を輩出している。
 戊辰戦争で2年間休校後、再開したが、廃藩のため「盛岡県学校」に転換し、明治5年(1872)学制頒布により廃校となった。
 庭石も仁王小学校の正面玄関の左に座していた。  (浦川陽子)

by yoko1939 | 2018-11-14 20:12 | 歴史てくてく | Comments(0)

盛岡のまちと暮らし、岩手の自然を楽しむレポート


by yoko1939
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る